スズキ キャリー 車 エアコン 故障

スズキキャリーのエアコンの風向き切り替え故障

2015/12/03

 

みなさん、おはようございます。

北九州市八幡西区の車検専門店ヤハタ自販株式会社です。

 

日に日に寒くなって、車の中でも暖房を点ける機会が増えてきました。

今日ご紹介するテーマもお車のエアコンに関するテーマです。

今日のテーマはスズキキャリーエアコン風向き故障』です。

 

お客様からお問い合わせを頂き、お預かりさせて頂きました。

今日もお客様からのお問い合わせや質問を交えて、ご紹介します。

お車はH24年式スズキキャリーです。

スズキキャリー

 

 

お客様『うちのスズキのキャリーの話で、最近寒いからエアコン点けるんだけど、風向き変わらなくなったんだよね。』

スタッフ『スズキキャリーのエアコンの風向きが変わらないという事ですね。』

『スズキキャリーのエアコンの風向きを切り替えるレバーは、軽くなったりしていませんか?』

 

お客様『ちょっと軽くなった様な気がするけど、そんなに変わってないと思うけど。』

スタッフ『風向きが変わらなくなった時は、何か折れた様な音はしませんでしたか?』

 

お客様『運転してたんで覚えてないですね。』

スタッフ『エアコンの故障は風向き切り替えだけですか?』

 

お客様『そこだけですね、何か故障してますかね?』

スタッフ『風向き切り替えだけですね、ではお預かりして確認させて頂きます。』

 

 

スズキキャリーをお預かりして、エアコンの風向き切り替えを確認しました。

レバー確認

確かに、風向き切り替えのみ故障しています。

風量・内外気切り替え・温度・エアコンスイッチは正常です。

 

こちらのスズキキャリーのエアコンはワイヤー式で、レバーの奥はワイヤーが付いています。

ワイヤーの外れや、ズレがないかを分解して確認します。

まず、パネルを取り外します。

パネル取り外し

ナビが邪魔になるので引き出して、エアコンのワイヤーの取り付けを確認できる様にします。

レバーASSY確認前

ライトで照らして、ワイヤーを確認すると、

レバーASSY不良

ワイヤーが通る管を固定するプラスチックが折れていました。

スズキキャリーのエアコンの風向き切り替え故障の原因は、こちらのプラスチック折れが原因です。

 

手前のワイヤーはしっかり固定されていますよね。

別ワイヤー

この管の中にはワイヤーが通っていて、風量・内外気・温度・風向きを切り替える役割をしています。

管が固定されていないと切り替えができない仕組みなので、お預かりしたスズキキャリーの風向きが切り替えられなくなった様です。

部品は一体式なので、

一体式レバーASSY

お客様と相談して、今回はレバーASSYごと交換する事になりました。

新品部品は薄いプラスチックのカバーが付いていて、対策されている様な感じですね。

対策品

このカバーでどういった対策かは分かりませんが、同じ様な故障は多いのではないかと推測されます。

 

取り外した故障しているレバーASSYの電球を新品と入れ替えて、

電球入れ替え

スズキキャリーに組み付けます。

新品組み付け

組み付けたら、確認作業です。

組み付け後確認

しっかり切り替わる様になりました。

 

 

今回のスズキキャリーのエアコンの故障は、ワイヤーを固定するプラスチックの折れが原因でした。

H24年式ですので補償も確認しましたが、3年以上経過していてダメでした。

 

今回のスズキキャリーの様な風向き切り替えの故障以外にも、ワイヤーの不具合でレバーが端まで行かない・最後まで回らない等があります。

寒くなってエアコンを使う機会も増えてきましたので、故障かな?おかしいのかな?と思ったら、お気軽にお問い合わせ下さい。

ありがとうございました。

車検予約専用ダイヤル

 

-スズキ キャリー 車 エアコン 故障
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,