ランクル 40

ランクル40系の車検整備

2016/10/03

 

おはようございます。

北九州市八幡西区車検専門店ヤハタ自販株式会社です。

 

まだまだ寒い日が続きますね。

インフルエンザがまだ流行っているみたいですので、体調には十分お気をつけ下さい。

 

さて、今日ご紹介するテーマは『トヨタランクル40系の車検』です。

お車はS57年式トヨタランドクルーザーです。

トヨタ ランクル40

33年も前のお車ですが、今でも調子良く動いています。

きれいにされていて、かっこいいですね。

 

こちらのランクル40は、貨物の4ナンバー&構造変更も行っております。

貨物登録ですので、1年毎の車検です。

それでは、ランクル40系の車検整備を行います。

 

まずはリフトアップして、車検のお見積もりです。

今回は油脂類が交換時期になっていたので、油脂類の交換作業がメインです。

エンジンオイル・オイルエレメント・ブレーキオイル・冷却水(LLC)・ミッションオイル・デフオイル・フロントワイパーラバーを交換する事になりました。

 

まずはエンジンオイル・オイルエレメントの交換です。

古いエンジンオイルを抜いて、オイルエレメントを交換して、新しいエンジンオイルを入れます。

エンジンオイル注入

次は、ミッションオイル・デフオイルの交換です。

ミッションのオイルパンのドレンボルトを外して、ミッションオイルを抜きます。

ミッションオイル抜き

ミッションオイルのドレンボルトの先端は、マグネットになっています。

ミッション内の鉄粉や金属片を、取り除く役割をしています。

ドレンボルト汚れ

砂鉄の様なものから金属片まで取れています。

大きな塊も出てきました。

この様な金属片は油路に入って詰まったり、内部の部品の故障に繋がります。

 

デフオイルも抜きます、デフのドレンボルトも先端はマグネットになっています。

デフオイル抜き

オイルを抜き終わったら、新しいオイルを規定量入れます。

ミッションオイル注入

ミッションオイル規定量

ミッションやデフ・オートマ内部にも、エンジンオイルと同様にオイルが入っています。

エンジンオイルは交換する機会が多いと思いますが、ミッションやデフ・オートマのオイルも定期的な交換が必要です。

エンジンオイルは交換しているけれど、ミッション・オートマ・デフオイルの交換を定期的に交換していない方は、特にご注意下さい。

 

ブレーキオイル・冷却水(LLC)を交換して、最後にシャシグリスを注入します。

貨物や4駆のお車には多いですね。

足廻りグリスアップ

あとは書類を準備して、ランクル40系の車検整備は完成です。

 

まとめ

今回は33年前のランクル40系の車検整備でした。

お車が古いので目に見えない箇所が悪くなったりもしますが、メンテナンスをしているので走りは快調です。

 

33年前の車まではいきませんが、最近ではお車を長期間・長距離乗られる方が増えています。

10年以上10万キロ以上乗られているお車は、特に定期的なメンテナンスが重要です。

お車が古い方・走行距離が多いお車に乗られている方は、特にご注意下さい。

ありがとうございました。

車検予約専用ダイヤル

こちらのフリーダイヤルは車検予約専用です、お問い合わせの方は093-631-1104までお問い合わせ下さい。

-ランクル 40
-, , , ,