新型 ソリオ

新型ソリオフルハイブリッドのレポート

2016/12/25

 

おはようございます。

北九州市八幡西区の車検専門店ヤハタ自販株式会社です。

 

今日は、先日発売された新型ソリオの試乗レポートをご紹介します。

車はスズキソリオバンディット、グレードはSVです。

新型ソリオ

新型ソリオは今までのソリオと何が違うのか、まずはそこからご説明致します。

 

マイルドハイブリッドに加えフルハイブリッドもラインアップ

新型ソリオは、マイルドハイブリッドに加えフルハイブリッドもラインアップされました。

ではその違いは何か、解説致します。

以前のマイルドハイブリッドは、加速時にモーターでエンジンをアシストするものでした。(エンジンの力+モーターの力)

新型ソリオに新しく搭載されたフルハイブリッドは上記のモーターアシストに加え、さらにEV走行(モーターのみの力で走行可能※条件あり)が可能になりました。

EV走行時は、Dの横にEVと表示されます。

EV走行

ECOモードにすればEV走行の頻度が上がり、よりエコドライブができ、燃費も良くなります。

ECOモードスイッチ

燃費向上効果は大きく、マイルドハイブリッドではリッター27.8km/Lですが、フルハイブリッドではリッター32.0km/Lです。

 

フルハイブリッド車には5速AGSを搭載

ハイブリッドシステム以外にも違いがあり、フルハイブリッド車のトランスミッションには5速AGS(オートギヤシフト)が採用されています。

AGS

アルトやキャリィ等に先行して搭載されていましたが、新型ソリオのフルハイブリッド車はすべて5速AGSです。

AGS(オートギヤシフト)とはMTのクラッチ操作とシフトの操作をコンピューター制御で自動で行うもので、クラッチペダルもなくシフトもオートマやCVT車と同じです。

 

では乗り心地は?

初めて乗る方には少し違和感を感じるかと思います。

MTではクラッチ操作・シフト操作などを自分で行うのですが、AGSはアクセルを踏んだまま自動でクラッチ操作・シフト操作行うので変速のたびに体が前後に揺すられる感覚です。

それでもモーターの駆動力を使ってなるべく変速のショックを軽減しているので、アルトやキャリィの頃のAGSよりも軽減されています。

乗り心地

言葉では説明しづらいので、乗って体感して頂くのが一番だと思います。

 

室内広々、その他装備も充実

新型ソリオは、とにかく室内が広びろです。

前席と後席の間を移動できるセンターウォークスルーやリヤシートもスライドやリクライニングで広々しています。

後部席

後席の左右には写真の様にパーソナルテーブルが用意されていて便利が良さそうですね。

 

後席両側は電動スライドドアで、運転席のスイッチで開閉する事も可能です。

スライドドアスイッチ

狭い駐車場でもドアの開閉に気を使うことなく乗り降りできます。

 

収納スペースも運転席・助手席・後席にたくさんついているので便利が良いですね。

助手席インパネ

また予防安全性能も最高得点を獲得しています。

 

デュアルカメラブレーキサポートで前方衝突を警報やブレーキ作動で軽減したり

デュアルカメラブレーキサポート

車線逸脱警報機能、誤発進抑制機能、ふらつきなどを警報などで知らせます。

 

純正ナビには全方位モニターもあり、駐車が苦手な方にも安心で安全です。

全方位モニター

 

まとめ

今回は新型ソリオの試乗レポートをご紹介しました。

以前のマイルドハイブリッドとの大きな違いは、EV走行も可能なフルハイブリッドも追加された点と5速AGS搭載になった点です。

正直AGSは慣れが必要かもしれませんね。

ぜひ一度体感して頂きたいと思います。

弊社ではご希望の方には、事前予約になりますが試乗も受け付けております。

カタログも用意していますので、ぜひお問い合わせ下さい。

ありがとうございました。

 

車検予約専用ダイヤル

こちらのフリーダイヤルは車検予約専用です、お問い合わせの方は093-631-1104までお問い合わせ下さい。

-新型 ソリオ
-, ,