新型 ワゴンR

新型ワゴンR、MH55Sの試乗レポート

 

おはようございます。

北九州市八幡西区の車検専門店ヤハタ自販株式会社です。

 

今日ご紹介するテーマは新型ワゴンR、MH55Sの試乗レポート』です。

新型ワゴンRは、2月に発売されました。

グレードは3種類あって、FA・ハイブリッドFX・ハイブリッドFZで、さらにスティングレーが設定されています。

外観はFA・ハイブリッドFXが同じで、スティングレーはヘッドライトが立て目になってゴツい感じです。

 

今回ご紹介するのは、ハイブリッドFZです。

フルモデルチェンジされていて、外装・内装など以前のワゴンRと変わっていますのでご紹介したいと思います。

今回は、デュアルセンサーブレーキサポートやヘッドアップディスプレイのセーフティパッケージや全方位モニター付きナビは付いていません。

 

新型ワゴンRの外装

試乗した新型ワゴンRが、こちらです。

新型ワゴンR

 

新型ワゴンRのグレードはハイブリッドFZ、2WD、ボディーカラーはブルーイッシュブラックパールです。

 

まずフロントマスクの外観の違いは、ヘッドライトが2段に分かれています。

雑誌ではトヨタのヴェルファイアに似ていて、ミニヴェルファイアなんて呼ばれてましたよ。

ですが、以前のワゴンRの感じも残っていますね。

 

一方FA・ハイブリッドFXは今までのワゴンRとは印象が変わっていて、スティングレーはもっと印象が変わっていて驚きました。

カタログなどで確認してみて下さい。

 

リヤマスクは、こんな感じです。

新型ワゴンRリヤ

 

最近のワゴンRとは全く印象が変わりましたが、初代のワゴンRに似ていますね。

スティングレーは、レンズがクリアレンズになっています。

 

横から見るとこんな感じです。

新型ワゴンR横

 

リヤの窓の形が特徴的でピラー部分が太くなっています。

全体的には新しくなって変わった印象ですが、所々に昔のワゴンRの感じも取り入れている様でした。

 

新型ワゴンRの内装

まずは運転席側からです。

運転席

 

内装は、ガラリと変わっています。

エアコン吹き出し口も、細長く横一列に配置されていますね。

すっきりした感じでかっこいいですね。

 

エアコンの操作部も、シンプルで操作しやすかったですよ。

エアコンパネル

 

メーターも中央に配置されていて、ハイブリッドのメーターも追加されています。

メーター

 

ハンドルには、ステアリングスイッチも付いています。

ステアリングスイッチ

 

ご覧の通りナビは付いていないですが、オーディオやナビの操作も手元で簡単に行えます。

ハンドル根元の上下には小さな小物入れが付いていて、便利がいいです。

 

運転席には、シートヒーターも付いています。

シートヒーター

 

寒い日にはありがたい機能ですよね。

 

次は、助手席側です。

助手席側

 

助手席シート前は広いトレーになっていて、カタログではティッシュ箱を置いていました。

トレー

 

助手席シート下にはアンダーボックスがあって、スズキ車に乗っている当社のお客様はクツや洗車道具を入れている方もいらっしゃいます。

 

続いてリヤの内装です。

リヤドアには、ドリンクホルダーの上に傘のマークが付いています。

ドアマーク

 

マークの通り、傘が収納できるようになっています。

傘収納

 

濡れた傘は置き場所に困るので、雨の日に重宝しそうですね。

 

リヤシートも、スライドとリクライニングが調整できます。

リヤシート

 

トランクの広さも、シートの前後で調整可能です。

トランク

 

リヤシートを倒せば大きな荷物も積むことが可能ですね。

トランク大

 

新型ワゴンRの試乗レポート

新型ワゴンRハイブリッドFZは、マイルドハイブリッドを搭載しています。

新型ワゴンRハイブリッドFZの燃費は、リッター33.4km/hと以前よりも少し良くなっています。

スズキ車は燃費の面で、他社よりも進んでいますね。

 

実際に乗った感想ですが、車の骨格のプラットフォームが新しくなった為か以前のワゴンRよりもハンドル操作がキビキビなった様な印象です。

足回りは、少し硬いと感じる方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

アイドリングストップからの再始動もスムーズで、モーターアシストで加速も良いです。

ハイブリッドメーター

 

メーター下部の青い電飾も、エコドライブ時には緑になって燃費の良い運転をサポートします。

 

アクセルもブレーキも踏まない状態のクリープ走行時にはEV走行(モーターのみでの走行)が可能になっています。

最大10秒ほどなので、ほんの少しですね。

全体的にクセがなく、どなたでも安心して運転できる印象でした。

 

まとめ

今回は、新型ワゴンRが発売されましたので、試乗レポートをご紹介しました。

今回はスティングレーは乗れませんでしたが、スティングレーになるとターボの設定があります。

ターボが付くと走りの印象も一気に変わるので、次に乗る機会があればスティングレーにも乗ってみたいですね。

 

新型ワゴンRは内外装だけでなく車の骨格(プラットフォーム)から新しくなり、ハイブリッドもSエネチャージからマイルドハイブリッドに進化していて、全ての面で新しく進化していました。

是非一度乗ってみて、体感して頂ければと思います。

事前予約になりますが、試乗を希望される方には車を準備させて頂きますのでお気軽に申し付け下さい。

ありがとうございました。

車検予約専用ダイヤル

上記のフリーダイヤルは車検予約専用です、車検以外のお問い合わせは093-631-1104までお問い合わせ下さい。

-新型 ワゴンR
-,