タント 内装 外装

新車タントの内装・外装用品取り付け

2016/10/03

 

みなさん、おはようございます。

北九州市八幡西区の車検専門店ヤハタ自販株式会社です。

 

今日ご紹介するテーマはタント内装・外装の新車用品取り付け』です。

新車タント

○タントの内装・外装の用品取り付け車両の詳細

グレードX

スマートアシストⅡ装着

2WD

色は、シルバーです。

 

タントの内装に取り付ける用品は、パナソニックのナビCN-R330WD

ナビ

ユピテルのドライブレコーダーDRY-FH95WG

ドライブレコーダー

フロアマット

フロアマット・バイザー

ETCは下取りのお車から取り外して、タントに付け替えです。

外装はバイザーとホワイトバルブの取り付けです。

 

○タントの内装・外装用品取り付け作業

タントの内装作業からご紹介します。

まずはナビを取り付けます。

アンテナフィルム・GPS・電源ハーネス・バックカメラ変換ハーネス・ステアリングスイッチ変換ハーネスを取り付けます。

 

配線は、ナビを取り付ける位置に集めておきます。

ナビ配線

ナビに配線を取り付けて、作動確認をします。

ナビ作動確認

しっかり作動していますね。

ナビ本体をタントに取り付けて、パネルを付けたらナビは完成です。

ナビ取り付け完了

実はタントには、バックカメラも付いていて、ナビと連動しているのですが、バックカメラは純正で注文しています。

純正バックカメラ

タントの純正品ですので、仕上がりもきれいですし、時間も掛かりません。

 

次はドライブレコーダーです。

タントのフロントガラスにドライブレコーダーを貼り付け、

ドライブレコーダー取付

配線を内装(天井やピラー・足元)に隠しながら通して、

ドライブレコーダー配線

シガーライターまで通します。

電源はシガーライターから取れますので、簡単ですね。

シガーライター電源

作動確認して、タントの内装作業ナビ、ドライブレコーダーは完了です。

 

次は純正フロアマットです。

こちらは取り付けるだけですね。

フロアマット

最後にETCを下取りのお車から新車のタントへ付け替えます。

ETC

ETCのセットアップが完了したら、タントの内装の用品取り付けは完成です。

 

次は、タントの外装の用品取り付けです。

バイザーもホワイトバルブも、タントに取り付けるだけです。

バイザー

ホワイトバルブ

以上で、今回のタントの内装・外装の用品取り付けは完成です。

 

○まとめ

今回タントをご購入されたお客様は、安全面・同乗者の乗り降りを重要視していらっしゃいました。

タントはレーダーとカメラで運転支援をするスマートアシストⅡが搭載しており、安全面は問題ありません。

さらにドライブレコーダーを付けたので、事故の時もより安心ですね。

 

乗り降りも、タントの助手席側はピラーレスで開口部が広く乗り降りが楽です。

お客様もタントを見て、大満足でした。

 

お買い替えでお悩みの方は、今回のタントの様に内装・外装のこだわりや、重要視するもの・使用方法などからお車を選んで頂くのも良いと思います。

ご相談などがありましたら、お気軽にご連絡下さい。

ありがとうございました。

車検予約専用ダイヤル

こちらのフリーダイヤルは車検予約専用です、お問い合わせの方は093-631-1104までお問い合わせ下さい。

-タント 内装 外装
-, , ,