三菱 ミニカ タイミングベルト 交換

三菱ミニカのタイミングベルト交換

2016/10/03

 

おはようございます。

北九州市八幡西区の車検専門店ヤハタ自販株式会社です。

 

本日は10万キロが近くなってきた、三菱ミニカタイミングベルト交換をご紹介致します。

お車はH18年式三菱ミニカです。

今回は三菱ミニカのタイミングベルト交換と、付随して交換する部品も併せてご紹介します。

 

では、早速三菱ミニカのタイミングベルト交換をご紹介します。

まずは、冷却水を抜きます。

冷却水抜き

冷却水を抜いている間に、タイヤを取り外します。

タイヤを取り外したら、ベルトを外します。

ベルト取り外し

このベルトはタイミングベルトではありません。

ベルトを取り外したら、クランクプーリーを取り外します。

クランクプーリー取り外し

クランクプーリーが取れたら、ウォーターポンププーリーを取り外します。

ウォーターポンププーリー取り外し

ここまで取り外すと、タイミングベルトのカバーが取り外せます。

カバー取り外し

ここからようやくタイミングベルトの交換にかかります。

 

まずタイミングベルトを交換する前に、上死点に合わせます。

上死点はカムシャフトプーリー・クランクのプーリーにマークがあり、ボディにもマークがあり、それを合わせる事で簡単に上死点に合わせる事が出来ます。

これを怠ると、エンジンの点火時期がずれて調子が悪くなり、最悪エンジン内部で部品が干渉してエンジンが壊れてしまいます。

 

こちらがカム側の合いマーク。

カム側合いマーク

こちらがクランク側の合いマークとオイルポンプの合いマークです。

クランク合いマーク

左がクランクのプーリーです。

クランクのプーリー左側に白くマークが付いていますが、ベルトとプーリーにも合いマークを付けてコマずれを防いでいます。

オイルポンプやカム側にも白くマークしています。

マーク

ここまで出来たらテンショナーを外して、タイミングベルトを外します。

タイミングベルト交換

新品のタイミングベルトには、交換する前に外したタイミングベルトのマークを同じ位置に付けておきます。

 

タイミングベルトを交換する前に、ウォーターポンププーリーを交換します。

交換部品

新品に交換します。

新旧比較

パッキンも忘れずに交換しました。

 

ウォーターポンプを交換したら、タイミングベルトの交換です。

先程の合いマークがずれないように注意して組み付けます。

組み付ける前に、テンショナーも交換しました。

テンショナー交換

タイミングベルトを交換したら、後は逆の手順で組み付けます。

組み付け後

タイミングベルト交換は、バッチリです。

 

最後にサーモスタット、ラジエーターキャップを交換して完成です。

サーモスタット交換

 

まとめ

今回は、三菱ミニカのタイミングベルト交換でした。

タイミングチェーンも増えてきましたが、タイミングベルトの交換もまだまだ多いです。

 

今回の交換部品は、タイミングベルト・ウォーターポンプ・テンショナー・サーモスタット・ラジエーターキャップ・冷却水です。

今回はお客様との打ち合わせで交換しませんでしたが、カムシール・クランクシール等も交換しておく方が良いです。

なぜなら10万キロ前後で故障する事が多いですし、なによりタイミングベルトを外さないと交換できない部品です。

タイミングベルト交換後すぐにシールからオイル漏れすると、再度タイミングベルトを外す事になり、発生する工賃ももったいないです。

 

タイミングベルトに限らず、交換時に同時交換が必要になるものがあります。

その様な場合は、是非いっしょに交換して頂きたいと思います。

 

無駄な出費を減らし、安心してお乗り頂きたいと思います。

ありがとうございました。

車検予約専用ダイヤル

こちらのフリーダイヤルは車検予約専用です、お問い合わせの方は093-631-1104までお問い合わせ下さい。

-三菱 ミニカ タイミングベルト 交換
-, , , , ,