車 エアコン 冷えない

車のエアコンが冷えない原因

2016/10/03

 

『エアコンの風が全然冷えない』

お客様からのご相談がありました。

この時期になると必ずと言って良い程、車のエアコン関係のトラブルのご相談をお受けします。

あなたのお車は、エアコンを使った時に冷えない・異音がする等といった症状はありませんか?

 

おはようございます。

北九州市八幡西区の車検専門店ヤハタ自販株式会社です。

今日ご紹介するテーマはエアコン冷えない、エアコンサイクルの詰まり』です。

 

弊社のブログでも、エアコンが冷えない事例をいくつかご紹介しました。

以前ご紹介したエアコンが冷えない事例のブログはこちらをクリック

 

今回のお車のエアコンが冷えない原因は、エアコンシステムの詰まりです。

エアコンが冷えないという症状は以前ご紹介したものと似ていますが、原因が全く異なります。

エアコンを使い出すと必ず増えてくる事例なので、以前のブログと共にご参考にされて下さい。

お車はH16年式三菱ミニキャブです。

 

まずお客様からお車を預かりコンプレッサーを確認しましたが、正常に作動して、コンプレッサーの不具合ではありませんでした。

次にエアコンガスの点検です。

エアコンガスチェック

ゲージをセットして数値を確認します。

ゲージセット

左の低圧側は1.2kg/㎠、右の高圧側は24kg/㎠くらいですね。

正常時のゲージ圧力は、低圧1.5~2.5kg/㎠・高圧が14~16kg/㎠です。

今回の数値は低圧は少し低く、高圧は高い数値が出ています。

 

今回の数値は、どの症状にも当てはまりません。

ゲージを見ているとすぐに様子が変わってきました。

ゲージ変化

低圧側が0より下がり、負圧に変化しました。

高圧側も若干下がり、針はプルプルと震えだしました。

 

低圧側が負圧に変化するのは、エアコンサイクルの詰まりです。

これからエアコンを使うので、対象となる部品の交換をする事になりました。

 

今回の交換部品は、左のエキスパンションバルブと右のレシーバー&ドライヤー(一体式)です。

エキパン、ドライヤー

作業は、助手席足元のエキスパンションバルブを

カバー取り外し

エキパン位置

新品に交換して

エキパン取り付け

レシーバー&ドライヤーも

レシーバー&ドライヤー

Oリングを換えて

Oリング交換

新品に交換します。

レシーバー取り付け

部品交換後は、エアコンサイクルの真空引きを行います。

真空引き

エアコンサイクル内の水分や不純物を取り除き、エアコンガスが入りやすい様に必ず行う作業です。

また真空引きをした後に30分ほど放置して、負圧を保持しているのかを確認します。

負圧を保持できない場合は、エアコンサイクルに漏れがあるという事ですので、その確認も兼ねています。

 

最後にエアコンガスを入れて

ガス注入

冷えを確認して、完成です。

 

まとめ

今回はエアコンが全く効かないとの事で、エキスパンションバルブ・レシーバー&ドライヤーの交換、真空引き、エアコンガス注入を行いました。

後日エアコンの効きを確認すると『バッチリ効いてるよ』と喜んでいらっしゃいました。

 

これからの時期はエアコンを使うので、エアコンの故障・修理が多発します。

スズキ車ではエアコンコンプレッサーのマグネットクラッチの焼き付き(ロック)からのエンストがリコールになっているものもあります。

基本的には故障する前に冷えが悪くなってきたり、異音がしたり、前兆の様な症状が出てきます。

おかしいなと思った時は、すぐにご連絡下さい。

ありがとうございました。

車検予約専用ダイヤル

こちらのフリーダイヤルは車検予約専用です、お問い合わせの方は093-631-1104までお問い合わせ下さい。

-車 エアコン 冷えない
-, , , , ,