オイルシール 交換

オイルシールの交換

 

おはようございます。

北九州市八幡西区の車検専門店ヤハタ自販株式会社です。

 

今日ご紹介するテーマは『オイルポンプのオイルシール交換です。

お車はH13年式三菱ekワゴンです。

三菱ekワゴン

ではオイルシールの交換についてご紹介します。

 

今回のお車の症状は、オイル漏れです。

エンジンオイルが漏れて、駐車場にエンジンオイルが漏れた跡が残っていたようです。

お客様からお話を聞いてお預かりし、早速リフトに上げて確認させて頂きました。

するとオイルパン付近が湿って、漏れたエンジンオイルが雫になっていました。

エンジンオイル漏れ

漏れは水溜りのようになるわけではありませんが、走行後には雫が落ちてくる状態です。

今回のエンジンオイル漏れの原因はこちら。

オイルシール

オイルポンプのオイルシールが原因でした。

年式が古くなったり走行距離が多くなると劣化して、オイルが漏れる部品です。

ではオイルシールの交換の様子をご紹介します。

 

今回交換するオイルシールは、タイミングベルトを取り外さないと交換が出来ません。

タイヤを取り外して、カバーを取り外します。

ベルトカバー取り外し

カバーを外してタイミングベルトカバーを確認すると、ボルト穴などが湿ってオイル漏れの跡が残っています。

カバー漏れ跡

ファンベルトを取り外し、ウォーターポンプやクランクのプーリーを取り外します。

プーリー取り外し

これでタイミングベルトカバーが外せる状態です。

タイミングベルトカバーを外すと、こんな感じです。

タイミングベルト

右下のプーリーの所がオイルポンプになります。

オイルポンプ

ここまで外して清掃、組み付け、試乗、分解してオイル漏れを確認しました。

漏れはこのオイルポンプのオイルシールで間違いありません。

タイミングベルトは完全に外さずにずらして、オイルポンプ取り外しました。

オイルポンプ取り外し

ここまで取り外したらオイルシールの交換です。

古いオイルシールを取り外します。

オイルシール取り外し

オイルシールが取れたら、新品のオイルシールを取り付けます。

オイルシール取り付け

軽く叩くとすんなり入りました。

ボディー側のガスケットも交換します。

ガスケット

こちらもオイルシール同様劣化しますので交換します。

ガスケット取り付け

あとは元通り組み付けて完成です。

 

まとめ

今回はオイル漏れでオイルシールを交換しました。

オイルシール交換後は、エンジンオイルはしっかり止まりました。

 

今回はオイルポンプのオイルシールからでしたが、他にもオイルシールは付いていてオイル漏れが起こります。

タイミングベルトカバー内のクランクオイルシールやカムシャフトオイルシールなどがあり、同様の症状が出ます。

タイミングベルト交換時に同時交換が基本になるので、タイミングベルト交換時には一緒に交換しておくほうが良いです。

オイル漏れの量が多いとエンジンにダメージを残すことになりかねません、交換時期がきたらお早めの交換をお勧め致します。

ありがとうございました。

車検予約専用ダイヤル

こちらのフリーダイヤルは車検予約専用です、お問い合わせの方は093-631-1104までお問い合わせ下さい。

-オイルシール 交換
-, , ,