三菱 ekワゴン ドライブシャフトブーツ 破れ

三菱ekワゴンのドライブシャフトブーツ破れ

 

おはようございます。

北九州市八幡西区の車検専門店ヤハタ自販株式会社です。

 

今日ご紹介するテーマはドライブシャフトブーツ破れです。

お車はH13年式三菱ekワゴンです。

三菱ekワゴン

今回の三菱ekワゴンはインナーのドライブシャフトブーツが破れていました。

実際にはこの様にドライブシャフトブーツが破れます。

ドライブシャフトブーツ破れ

では、三菱ekワゴンのドライブシャフトブーツの破れの点検と交換作業をご紹介します。

ekワゴンのドライブシャフトブーツは左のインナーブーツが破れて、中のグリスが飛び散っていました。

グリス飛散

パッと見ではドライブシャフトブーツは破れている様には見えないですよね。

ブーツを交換する事になったので、ドライブシャフトを取り外します。

今回はオートマオイルも交換するのでオートマオイルを抜きます。

オートマオイル抜き

タイヤを取り外して、足回りの部品を取り外します。

ブレーキキャリパー・ストラット・タイロッド・ロアアームを取り外します。

足回り取り外し

この状態でドライブシャフトが抜ける状態になります。

ドライブシャフトをミッションから切り離します。

ドライブシャフト取り外し

オートマオイルを抜いていない場合はこの段階でオートマオイルが少し抜けます。

でドライブシャフトを抜いた状態が先ほど挙げたこちらですね。

ドライブシャフトブーツ破れ

ではドライブシャフトブーツを交換する為に分解していきます。

ブーツバンドを取り外してドライブシャフトの先端部を取り外します。

ブーツ取り外し

黒く汚れているのはグリスです。

ドライブシャフトブーツの中にはグリスが充填されていてドライブシャフトの異音はこのグリス切れやキズなどから起こります。

グリスをふき取ってジョイント部を取り外します、スナップリングがついているので取り外してジョイントを抜きます。

破れたドライブシャフトブーツを新品に交換してジョイントを組み付けます。

ドライブシャフトブーツ交換

グリスをしっかり充填して元通り組み付けます。

交換後

きれいになりました。

ドライブシャフトブーツ交換後は車両に組み付け、オートマオイルを入れ、

オートマオイル充填

タイヤを回して漏れの確認をして完成です。

 

まとめ

今回は三菱ekワゴンのドライブシャフトブーツの破れでドライブシャフトブーツの交換を行いました。

インナーのドライブシャフトブーツが破れていましたが、タイヤに近いアウターのドライブシャフトブーツが破れている場合が多いです。

ドライブシャフトブーツはゴム製なので古くなると硬くなりひび割れて亀裂が入り破れます。

破れた状態を放置すると異音が常に出る様になります。

異音が出るとブーツ交換ではダメでドライブシャフトの交換が必要で高額になります。

ひび割れや亀裂が入ったらお早めの交換をお勧めします。

ありがとうございました。

車検予約専用ダイヤル

こちらのフリーダイヤルは車検予約専用です、お問い合わせの方は093-631-1104までお問い合わせ下さい。

-三菱 ekワゴン ドライブシャフトブーツ 破れ
-, , ,