スズキ

スズキ新型ジムニーナビ&バックカメラ&ドライブレコーダー取付け

2021/11/28

新型ジムニー

今回は、スズキ新型ジムニーにナビ&ドライブレコーダー、その他用品を取付した内容をご紹介します。

スズキ新型ジムニーが発売して随分と時間が経過しますが、まだまだ納期が長いようです。

当社でご購入いただいたお客様も1年待ってやっと納車する事ができました。

 

バックカメラを取り付ける

まず最初にバックカメラを取付します。

バックカメラは、後方の映像をモニターに映すための重要な部品ですね。

スズキ純正バックカメラを取り付けるには、リヤバンパーを取り外します。

 

リヤバンパーを装着しているネジとクリップを全て外して、車両からリヤバンパーを外します。

車両とリヤバンパーの間に配線があるので完全には外れませんので、その配線を外します。

まずは配線カバーの蓋を外します。

新型ジムニーバックカメラ取付

 

配線カバーを外すと配線コネクターが2つあるので、全て外します。

新型ジムニーバックカメラ取付

 

これで、リヤバンパーが完全に車両から取り外せました。

新型ジムニーバックカメラ取付

 

次は、リヤバンパーの裏側のネジを取り外します。

このネジを外し、配線をずらして、バックカメラを装着するステーをリヤバンパーから取り外します。

新型ジムニーバックカメラ取付

 

ステーを取り外したらこんな感じです。

新型ジムニーバックカメラ取付

 

次は取り外したステーにバックカメラを装着します。

新型ジムニーバックカメラ取付

 

このままでは装着できないので、部品の一部をカッターで切ってバックカメラを装着します。

装着したものがこちらの写真です。

スッキリして良いですね。

新型ジムニーバックカメラ取付

 

今度は、ステーに装着したバックカメラをリヤバンパーに装着します。

新型ジムニーバックカメラ取付

 

元の位置を確認し装着したら、タイラップで配線をまとめて、コネクターに接続します。

これで、リヤバンパーにバックカメラを装着する作業は終了しました。

新型ジムニーバックカメラ取付

 

スズキ新型ジムニーマッドフラップ取付

リヤバンパーを車両に装着する前に、スズキ純正のマッドフラップを取付ます。

マッドフラップとは、簡単に言うと「泥よけ」ですね。

このマッドフラップを装着する事で、タイヤからの泥跳ねを防ぎ、ボディーを汚れやキズから守ってくれます。

まずは、定位置にドリルで穴を開けます。

確実に装着するために、最初はドリルで小さな穴を開けて、その後に規定の穴の大きさに穴を開けます。

新型ジムニーマッドガード取付

 

そして、付属のステーとビスを使い、固定します。

新型ジムニーマッドフラップ取付

 

左右のマッドフラップとバックカメラを装着したリヤバンパーの写真がこちらです。

ジムニーマッドフラップ取付

 

今度は、リヤバンパーをボディに装着します。

バックカメラの配線をボディーの下にくぐらせます。

配線カバーを巻いて、ビニールテープでしっかりと固定しボディーと配線が擦れないように保護テープを使います。

新型ジムニーバックカメラ取付

 

さらに、バックカメラの配線を室内に取り込みます。

リヤシートの座面とトランクリヤトリム(内張り)の左側を外し、ゴムキャップからバックカメラを配線を通します。

写真は、リヤシートの座面とリヤトリムの左側を外した写真です。

新型ジムニーバックカメラ取付

 

次にゴムキャップから車内へ配線を通します。

新型ジムニーバックカメラ取付

 

配線を通したら、リヤバンパーを元の位置に装着をして、クリップとボルトで固定します。

完成した写真がこちらです。

スペアタイヤカバーは表面がハードタイプを装着しています。

動物のサイのイラストもちゃんと復活しているのがうれしいですね。

新型ジムニーバックカメラ取付

 

バックカメラは純正を取りつけ定位置でスッキリしていますね。

ジムニーバックカメラ取付

 

ドライブレコーダー取付け

今度は、ドライブレコーダーを装着します。

装着するドライブレコーダーは、KENWOODの2カメラです。

前方と後方にカメラを装着しますが、まずは後方カメラの装着です。

まずは、バックドアのトリムを外します。

新型ジムニードライブレコーダー取付

 

次にドライブレコーダーのカメラを装着します。

車両中央位置にマスキングテープを貼り位置決めして取り付けます。

 

位置決めした後は、両面テープでしっかりと貼り付けます。

新型ジムニードライブレコーダー取付

 

付属の両面テープでドライブレコーダーのカメラをリアガラスに貼り付けた後は、配線を取り廻しします。

あらかじめ、トリムを取り外したバックドア内部に配線を通します。

新型ジムニードライブレコーダー取付

 

次にバックドア内部から、車両室内へと配線を通します。

針金に配線を取り付けて、通します。

新型ジムニードライブレコーダー取付

 

後は、バックカメラの配線とドライブレコーダーの配線をタイラップで締め付け、助手席側のトリム内部から、ダッシュボード裏まで配線を通します。

 

写真は助手席のトリムを外して、グローブボックスを外して、ダッシュボード内部へと配線を通している様子です。

新型ジムニードライブレコーダー取付

 

ここまでで、リヤのマッドガードとバックカメラの装着、リヤ用ドライブレコーダーの装着、そして配線までが終了です。

ここから、フロントドライブレコーダーを取り付けます。

あらかじめマスキングテープで位置を決めた場所に両面テープでしっかりと固定します。

新型ジムニードライブレコーダー取付

 

取付けが終わったら、リヤのドライブレコーダーとフロントのドライブレコーダーの配線を車内天井裏に隠して見えない位置で固定して、ひとまず終了です。

新型ジムニードライブレコーダー取付

 

このあとは、ナビゲーションの装着に移ります。

 

 

ナビゲーションを装着します

ナビを装着するために、まずはパネルを取り外します。

スズキ新型ジムニーは基本的にはオーディオレスなので、パネルを外して、ナビを装着します。

写真は、パネルと、オートマシフトノブ前方のパネルを取り外した様子です。

新型ジムニーナビ取付

 

あらかじめ、フロントガラスにフィルムアンテナを貼り付け、配線を運転席と助手席ピラー内部からナビゲーション取付位置まで配線を通します。

写真で分かる通り、メーターパネルを取り外して、メーターの裏からテレビアンテナの配線をナビゲーション周辺へと通します。

新型ジムニーナビ取付

 

GPSアンテナは助手席ダッシュボードに取付ました。

新型ジムニーナビ取付

 

ナビ裏面にある配線を全て取り付け、ナビゲーション本体をボディーに装着します。

新型ジムニーナビ取付

 

通常ドライブレコーダーは、シガーソケットに電源を差し込んで仕様しますが、お客様のご希望により、シガーソケット裏側から直接電源供給するようにしました。

このようにする事で、他の電源(スマホ充電など)も供給できるようにしました。

新型ジムニードライブレコーダー取付

 

完成した写真がこちらです。

新型ジムニーナビ取付

 

ギヤをバックに入れる事で、バックカメラもきちんと映るようになっています。

これで、車庫入れなども安心ですね。

新型ジムニーナビ取付

 

フロントマッドフラップ取付

次にフロントマッドフラップを取り付けます。

フロントマッドフラップは、ネジを外し、不要な部分をカットして取り付けします。

指で触っている部分が不要な部分です。

新型ジムニーフロントマッドガード取付

 

こちらがカットした写真です。

 

最後に、マッドフラップを取り付けて完成です。

新型ジムニーフロントマッドガード取付

 

スズキ新型ジムニーナビ&ドラレコまとめ

今回のジムニーに装着したバックカメラ、ナビ、ドライブレコーダーは、2回目という事もあり、スムーズに作業する事ができました。

このほか、ETC、フロアーマット、サイドバーザーの取り付けボディのコーティングを行い無事に納車する事ができました。

今から、秋の行楽シーズンですので、ジムニーでお出かけも楽しみですね。

安全運転で、快適なカーライフを楽しんでください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

新型ジムニー

車検予約専用ダイヤル

-スズキ
-, , ,