ダイハツ アトレー ドアロック

ダイハツアトレーのドアロック故障

2016/03/01


『左後ろのドアロックが動かない』

お客様からお問い合わせがありました。

ドアロックが動かないと、荷物などを車内に置く事ができないので面倒ですね。

 

こんにちは。

北九州市八幡西区の車検専門店のヤハタ自販株式会社です。

今日ご紹介するお車はH13年式ダイハツアトレー7です。

ダイハツアトレー7

今回も実例を基に、ダイハツアトレードアロックの故障についてご紹介します。

♦ダイハツアトレー7の症状

♦ダイハツアトレー7のドアロックアクチュエーター点検

♦ダイハツアトレー7のドアロックアクチュエーター交換

♦ダイハツアトレー7の症状

ダイハツアトレー7の症状は、先程お伝えした様に左後ろのドアロックが動かないとの事でした。

確認すると手動では動きますが、キーレス・集中ドアロックでは全く作動していませんでした。

ドアロック作動確認

手動で動いているので機械的な不具合ではない様です。

♦ダイハツアトレー7のドアロックアクチュエーター点検

手動で動いていたので機械的には問題ありません。

あとはドアロックの配線か、ドアロックアクチュエーターという部品の不具合が考えられます。

ドアロックアクチュエーターは、キーレスや集中ドアロックからの信号で開閉を行なっている部品です。

ですのでドアロックアクチュエーターを取り出して、電気が来ているか確認します。

内張りを外します。

アクチュエーター位置

写真の右下奥にドアロックアクチュエーターがついています。

ドアロックアクチュエーターを取り出すには手前のパワーウインド廻りを外して

パワーウインド廻り取り外し

手が入る様にします。

こちらが取り外したドアロックアクチュエーターです。

アクチュエーター取り外し

点検するとドアロックアクチュエーターまでしっかり電気がきていました。

ですのでダイハツアトレー7の不具合は、ドアロックアクチュエーターの不良でした。

♦ダイハツアトレー7のドアロックアクチュエーター交換

ではダイハツアトレー7のドアロックアクチュエーターを交換します。

アクチュエーター新品

新品のドアロックアクチュエーターを取り付けて

アクチュエーター取り付け

リンケージを取り付けます。

ドアロックアクチュエーターを取り外す時にねじ山の位置を忘れずに覚えておいて、同じ位置に取り付けます。

リンケージ取り付け

パワーウインド廻りを組み付けて

パワーウインド廻り取り付け

防水シートや

防水シート取り付け

内張りを組み付けます。

内張り取り付け

交換後
ドアロックアクチュエーターは
正常に動きました。

まとめ

今回のダイハツアトレー7のドアロックアクチュエーターは、中にモーターが入っています。

ドアロックアクチュエーター内のモーターが動かなくなって、ドアロックの開閉ができなくなっていました。

新車から14年目なので、今回も経年劣化によるものでした。

使用頻度にもよりますが、やはり10年を超えると今回の様なモーターなどが不具合をおこします。

エンジン内部の修理やコンピューターに比べると安いので、修理をすればまだまだ乗って頂けます。

業務での使用でセキュリティ面で心配でしたが、すぐに修理してお返しできたのでよかったです。

ありがとうございました。

車検の予約はこちらから受付時間/9:00~19:00(水曜日・第2日曜日除く)※フリーダイヤルの通話料は発生しません。携帯電話からもOKです。

-ダイハツ アトレー ドアロック
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,