スズキ ラパン エンジン 異音

スズキラパンK6Aエンジン始動時のガラガラ異音

2018/12/13


みなさんこんにちは!

北九州市八幡西区車検専門店のヤハタ自販株式会社です

 

朝晩とすっかり寒くなって来ましたね。

工場で整備をしていると、朝や夕方が寒くなってきたなぁと感じます。

 

本日はエンジンから異音がするということで、その修理の記事をアップ致します。

今日のテーマはスズキラパンの始動時にエンジンから出る異音です。

 

車両は、H16年式のスズキのアルトラパンです。

スズキラパンの始動時の異音は、朝エンジンが冷えている状態でエンジンをかけると、エンジンからガラガラと異音がするといった症状でした。

 

お預かりして、さっそく朝一エンジンを始動。

エンジンから「ガラガラ」と1、2秒ですが、確かに異音がします。

 

しかし、異音がすぐに止まってしまいます。

エンジンを止めてすぐにかけなおすと「ガラガラ」という異音がしなくなります。

 

再びエンジンを冷やしエンジンをかけると、また例の「ガラガラ」という異音がエンジンからします。

ボンネットを開けて、異音を確認すると、どうもエンジンの中から出ている様です。

 

今回のスズキラパンには、K6Aというエンジンが搭載されています。

このK6Aエンジンには、VVT(可変バルブタイミング機構)という装置がカムシャフトに装着されています。

 

VVTは走行距離が増えてくると、カムシャフトとVVTを固定しているピンの穴が摩耗して、拡がっていくという症状が多数あります。

このピンの穴が大きくなることで、カムシャフトとVVTにガタが生じ、「ガラガラ」とエンジンから異音が発生するのです。

 

早速、疑わしい箇所を点検する為にエンジンを分解していきます。

まずは、ヘッドカバーを外します。

 

スズキアルトラパンカムシャフト

 

カムシャフトが見えてきました。

エンジンオイルを定期的に交換しているので、思った以上に内部はきれいですね。

 

スズキアルトラパンオイルパン

 

カムシャフトを取り外す為に、タイミングチェーンを外します。

タイミングチェーンを取り外す為には、エンジン下部のオイルパンを外さないと取り外せません。

急がば回れの精神で部品を取りはずして行きます。

 

オイルパンを外し内部を確認したところ、こちらも思った以上にきれいでした。

更にタイミングチェーンカバーを外します。

やっとタイミングチェーンが見えてきました。

 

スズキアルトラパンタイミングチェーン

 

タイミングチェーンを外し、専用工具を使ってVVTを取り外します。



スズキアルトラパンカムシャフト

 

外したカムシャフトと、取り寄せた新品のカムシャフトのVVT取り付け穴を比べて見ました。

写真上のカムシャフトが、今までエンジンに装着していたものです。

 

スズキアルトラパンカムシャフト

 

そして、下が取り寄せた新品のカムシャフトです。

 

VVTの取り付け穴をよく見ると、今までエンジンに装着されていたカムシャフトのほうは、楕円に拡がっています。

スズキラパンの始動時のガラガラという異音の原因は、カムシャフトのVVTを取り付ける穴の磨耗が原因でした。

 

カムシャフトを新品に交換してエンジンをかけると、始動時のあの「ガラガラ」という異音も消えました。

これで、一件落着です。


まとめ

 

今回、交換作業はアップしていませんが、結構大変な作業でした。

K6Aエンジンはアルトラパンの他に、ワゴンR・MRワゴン・Keiなど多くの車両に搭載しています。

対象の方も多いと思いますので、気になる方はお気軽にご相談下さい。

 

 車検の予約はこちらから受付時間/9:00~19:00(水曜日・第2日曜日除く)※フリーダイヤルの通話料は発生しません。携帯電話からもOKです。

こちらのフリーダイヤルは車検予約専用となっております、お問い合わせは093-631-1104までお願い致します。

-スズキ ラパン エンジン 異音
-, , ,