ハンドル ロック

ハンドルロックの不具合、スズキ車のサービスキャンペーン

2016/01/15

 

みなさん、おはようございます。

北九州市八幡西区車検専門店ヤハタ自販株式会社です。

 

ここ何日か通勤していると、霧が出ていて視界がかなり悪くなっています。

対向車や後ろの車・T字路のミラーでしか確認しづらい合流地点など、いつもより視認が難しい状態でした。

スモールランプやフォグランプ(前部霧灯・後部霧灯)を点けて、事故をしない・されない様にご注意下さい。

 

さて、今日ご紹介するテーマは『スズキ車のサービスキャンペーンハンドルロックの交換作業』です。

まず、ハンドルロックとは盗難防止の為に、鍵が無い状態ではハンドルが回らない様にロックする機能です。

エンジンを切ってハンドルを切ると、ロックして動かなくなりますよね?

ステアリングロックとも言います。

 

次にサービスキャンペーンとは、メーカーの自主的な改善措置です。

リコールと何が違うかと言うのはここでは割愛させて頂きますが、ユーザーにとっては改善措置に変わりありません。

 

今回のハンドルロックのサービスキャンペーンは、ハンドルロックが解除できなくなり、エンジンが掛けられなくなるというものです。

 

お車はH22年式スズキ ワゴンRです。

 

ステアリングユニットを取り外す作業に掛かります。

まずは、エアバックを取り外すのでバッテリーのマイナス端子を外します。

バッテリー端子取り外し

エアバックを取り外します。

エアバック取り外し

次はハンドルを取り外します。

ハンドル取り外し

カバーを取り外して、

カバー取り外し

コンタクトコイルを取り外しますが、合いマークがあるのでずれない様にテープで固定して、

 合いマーク固定

取り外します。

ワイパーやライトのスイッチも取り外します。

部品取り外し

ここまで来たらステアリングユニットを取り外します。

ユニット取り外し

ここまで取り外して、ようやくハンドルロックの部品交換ができます。

対象の部品はこちら。

刻印確認

赤い丸で囲んでいる所に刻印が無く、かつチェックランプが点灯しているか、もしくはエンジンが掛からない症状が出た場合に交換となります。

このハンドルロックの部品は、取り付けのボルトがねじ切って固定するタイプなので、グラインダーで削って取り外します。

ねじ切るボルト

まず、マスキングなどで各部に削りカスが入らない様にします。

マスキング

この状態で、ハンドルロックを削ります。

グラインダー

外れました。

ハンドルロック取り外し

対策済みのハンドルロックを取り付けます、ボルトはねじ切れるまで締めこみます。

ハンドルロック取り付け

これでハンドルロックの交換は終わりです、あとは取り外しと逆の手順で組み付けて完成です。

試乗やチェックランプの確認して、お客様にお渡ししました。

 

サービスキャンペーンは、お客様に対してメーカーからハガキやDM等で案内はしていません。

その様な理由で気付きにくいので、作業が完了してない車両が多いです。

ユーザーにとってはサービスキャンペーンも、リコールの様にDM等の案内をもらって、対策して欲しいものです。

心配な方は当社でも確認出来ますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

また、スズキ車のリコール等の作業も行っておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

ありがとうございました。

車検予約専用ダイヤル

-ハンドル ロック
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,