シフト レバー

シフトレバーの動きが悪い?パーキングだけ動きが固い原因

2015/12/03

 

みなさん、おはようございます。

北九州市八幡西区の車検専門店ヤハタ自販株式会社です。

 

 

さて、今日ご紹介するテーマはシフトレバーのパーキングだけ動きが固い原因は何?』です。

お客様からお問い合わせを頂き、お預かりさせて頂きました。

お車はH19年式スバル インプレッサです。

 スバルインプレッサ

今回もお客様の質問などを交えながら、シフトレバーの不具合についてご紹介します。

 

 

お客様『すいません、最近シフトレバーを動かす時に、動きがすごく固くなったんですよね。』

スタッフ『シフトレバーの動きが固くなったという事ですね、シフトレバーを全く動かせないという訳ではないんですよね?』

 

お客様『はい、シフトレバーは動きますが、固いです。』

スタッフ『ありがとうございます。』

『シフトレバーが固いのは決まった箇所だけですか?それとも他の箇所もすべて固いですか?』

 

お客様『決まった箇所だけ固いです。』

スタッフ『ありがとうございます、シフトレバーをどこに入れる時に固いですか?』

 

お客様『Pのところだけです、シフトレバーをPに入れるのもPから動かすのも固いです。』

スタッフ『ありがとうございます、ではお預かりして確認させて下さい。』

 

お客様『分かりました、お願いします。』

 

 

お車をお預かりして、シフトレバーを確認させて頂きました。

確かにシフトレバーがPから動かすと、動きが固いです。

 

まずは、シフトレバー周辺を分解して確認したいと思います。

シフトレバーの持ち手を外して、

シフトノブ取り外し

ドリンクホルダー・センターコンソールを外します。

ドリンクホルダー取り外し

コンソール取り外し

カバーを取り外して、

カバー取り外し

PやDなど書いているカバーを外すと、

スライドプレート取り外し

薄い樹脂の部品が出てきます。

この部品を取り外すと、

不具合原因

矢印のプレートが明らかに外れて、ずれています。

こちらの部品です。

プレートガイド不良

白く点々になっている所は接着剤の跡で、接着剤が取れてこのプレートが固定できていませんでした。

このプレートを外して、シフトレバーを動かしてみると、

シフトレバー確認

スムーズに動きます。

シフトレバーの動きが悪い原因は外れたプレートが原因です。

プレートがずれて、Pへ出し入れする際にシフトレバー動きの邪魔をして、シフトレバーの動きが固くなっていた様です。

 

交換するとなると外れたプレートのみで部品がないので、こちらの部品を交換しないといけません。

交換部品

メーカーに問い合わせると、外れたプレートに特に役割は無く、付いていても付いていなくても問題ないとの事でした。

メーカーでもよくある事例だそうで、部品交換せずプレートを外して、お引渡ししている様ですね。

 

あとはプレートを外して、他の部品を組み付けてお引渡ししました。

お客様も心配していたので、部品交換がなくて安心されていました。

 

今回のシフトレバーの事例はメーカーでも多いみたいで、部品を調べる際も部品が変わっていたので、恐らく対策されているのではないかと思います。

 

最初は気のせいかもと言っていましたが、気のせいかもという事で確認すると、実際に不具合があった事も多々ございます。

気のせいでも構いませんので、お気付きの点がございましたらお気軽に申し付け下さい。

ありがとうございました。

車検予約専用ダイヤル

-シフト レバー
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,