ABS ランプ 点灯

ABSランプの点灯

2018/10/16

 

おはようございます。

北九州市八幡西区車検専門店ヤハタ自販株式会社です。

 

今日ご紹介するテーマは『車のABSランプ点灯する原因は?』です。

お車はH15年式ホンダモビリオです。

 

ホンダモビリオ

 

今回はお客様からの質問などを交えながらご紹介します。

 

お客様『メーターの中のABSランプが点灯したんですが。』

スタッフ『お車のABSランプの点灯ですね、お車はまだ走行されていますか?』

 

お客様『もう自宅です。』

スタッフ『ありがとうございます、ABSランプが点灯して何かおかしな所はなかったですか?』

 

お客様『特に感じなかったですね。』

スタッフ『ブレーキの効きやスピードが出にくい等はなかったですか?』

 

お客様『ないですね、ABSのランプが点灯したくらいで、後は何も感じないですけどね。』

スタッフ『ありがとうございます、ではお預かりして点検させて頂いても良いですか?』

 

お客様『じゃあ、お願いします。』

 

 

お車をお預かりしてABSランプ点灯を点検します、確認するとABSランプが点灯しています。

 

ABSランプ点灯

 

ABSランプが点灯する原因の故障コードを、診断機を繋いで読み取ります。

 

故障コード読み取り

 

故障コードは

・16-1リヤ右車輪速センサー故障

・18-1リヤ左車輪速センサー故障

・51-1ABSポンプモーター故障(モーターロック)

・61-1コントロールユニット電源電圧異常

の4点です。

 

車輪速センサーは、ABSのセンサーの事です。

 

では、一つずつ点検して、ABSランプが点灯する原因を探します。

まずは左右のABSセンサーの点検です。

場所はタイヤの裏側に付いています。

 

ABSセンサー位置

 

取り付けは問題ありません。

ABSセンサー本体も目視点検では、異常ありません。

 

ABSセンサー目視

 

次はテスターで点検です。

 

アース導通点検

 

ABSセンサーのアースの導通点検です。

導通なしで、こちらも問題なく、左右のABSセンサーが原因ではない様です。

 

次はABSポンプモーターの点検です。

ABSポンプモーター本体はこちらです。

 

ABSポンプモーターASSY

 

まず、ヒューズが切れていないか確認です。

 

ABSヒューズ

 

ヒューズ切れはありませんでした。

 

次はABSポンプモーターに電源電圧が来ているかの確認です。

 

ABSポンプモーター電圧

 

13.2Vときちんと電源電圧が、ABSポンプモーターまで来ていますので異常なしです。

 

ここまで点検したら、一度故障コードを消去して走行し、それでも故障コードが出る様でしたら、その対象部品が不良という事です。

故障コードを消去して、走行すると

 

故障コード消去後

 

1つだけ残っています、ABSポンプモーター故障が消えません。

ホンダモビリオのABSランプ点灯の原因は、ABSポンプモーターの故障が原因でした。

 

リヤのABSセンサーとコンピューターの故障コードが出ていたのは、ABSポンプモーターの異常で一緒に検出されたのだと思います。

 

ホンダのABSポンプモーターの故障は良くある様で、内部で固着する等の報告が挙がっていました。

お客様とご相談しましたが、今回はそのままで、車検が近いのでそのタイミングで交換か代替かを検討する事になりました。

 

まとめ

ABSは、お車の安全装置です。

車は、タイヤがロックするとハンドル操作が出来ません。

ABSはタイヤが完全にロックしない様に、ブレーキを踏む・放すを高速で制御します。

そうする事で、ハンドル操作で追突等をを回避できる様にしています。

 

ABSの故障は、急ブレーキ等の緊急時に危険です。

タイヤでもそうですが、急ブレーキの際は自身が注意していても予測がつかない事が多いです。

万が一に備えて、ABSやタイヤはお早めの対策が重要だと思います。

ありがとうございました。

 

車検予約専用ダイヤル

こちらのフリーダイヤルは車検予約専用です、お問い合わせの方は093-631-1104までお問い合わせ下さい。

-ABS ランプ 点灯
-, , , ,