車 エアコン 効きが悪い

車のエアコンの効きが悪い

2016/10/03

 

おはようございます。

北九州市八幡西区の車検専門店ヤハタ自販株式会社です。

 

毎日暑いですね、夏なので仕方ないですが・・・。

九州は梅雨明けした様で、これからが夏本番ですね。

体調には十分お気を付け下さい。

 

さて、今日はそんな夏によくお話を頂く事例をご紹介します。

今日ご紹介するテーマはエアコン効きが悪いダイハツムーブラテ』です。

お車はH17年式ダイハツムーブラテです。

ダイハツムーブラテ

お車のエアコンの効きが悪いとの事でしたので、お預かりして点検させて頂きました。

 

まず、エアコンのガスがしっかり入っているのかを、ゲージを使って確認しました。

エアコンガス点検

左の低圧側が1.2kg/㎠、右の高圧側が7kg/㎠。

正常値が低圧側が1.5~2.5kg/㎠、高圧側が14~16kg/㎠なので、低圧・高圧共に低い値を示しています。

エアコンガスが少ない状態ですね。

これではエアコンの効きが悪いですね。

 

エアコンガスが抜けている様ですので、まずは目視でエアコンガスが漏れて射ないか点検しました。

すると、エアコンガスのパイプに漏れた後を見つけました。

エアコンガス漏れ

コンデンサーという部品に繋がる所が、汚れています。

ここからエアコンガスが漏れていました。

 

このパイプとコンデンサーとの継ぎ目には、この様なOリングが付いています。

新品Oリング

こちらを交換します。

 

ボルトを取り外し、

ボルト取り外し

パイプを抜くと、

パイプ取り外し

Oリングが出てきます。

合わせ面にもゴミが付着していたので、Oリングを交換する前にきれいにしてOリングを交換しました。

 

Oリングを交換したら、真空引きを行います。

真空引き

エアコンガスが入りやすい様に負圧(真空)にします。

また、真空引きをして負圧を保持するかどうか確認して、他に漏れがないかの確認も兼ねています。

負圧保持

しっかり負圧を保持していましたので、エアコンガスを入れます。

エアコンガスは少なくても多くてもよくありません。

入れる量は、300±30gです。

ガス量

エアコンガスを入れて、

エアコンガス充填

ガス量をゲージで確認します。

ガス最終チェック

低圧が若干高いですが、オッケーです。

エアコンもしっかり冷える様になりましたので完成です。

 

まとめ

今回は、エアコンの効きが悪いとの事でしたのでOリングを交換しました。

交換後は漏れも止まり、エアコンの効きも改善しました。

 

これから夏本番で、エアコンの効きが悪いとなると困りますよね。

今回のガス漏れでしたら、漏れた跡があり、早めに対策する事も可能です。

放置してエアコンコンプレッサーの焼き付きにも繋がり高額の修理となりますので、点検などでしっかりチェックしましょう。

ありがとうございました。

車検予約専用ダイヤル

こちらのフリーダイヤルは車検予約専用です、お問い合わせの方は093-631-1104までお問い合わせ下さい。

-車 エアコン 効きが悪い
-, , , ,