ダイハツムーブ ブレーキ 異音

ダイハツムーブのブレーキ異音

2018/12/13


みなさんこんにちは!

北九州市八幡西区車検専門店のヤハタ自販株式会社です。


日曜日のお昼、いかがお過ごしでしょうか?

北九州の空は、天気に恵まれた日曜日です。

そんな日曜日。



家でのんびりと過ごしていらっしゃいますか?

それとも、車に乗ってお出かけでしょうか?

お仕事をされている方もいらっしゃると思います。

 

今日は、ダイハツムーブのブレーキ異音のレポートを致します。

お客様からお話をお伺いすると、ギアをバックに入れてアクセルを踏み、後退してブレーキを踏んだ時に異音がするとの事でした。

後退時にブレーキを踏んだ時の異音は、『キー』といった高い異音との事です。

 

ブレーキを踏むと音がするとなるとお客様も心配だと思います。

では、さっそく後ろのブレーキを分解点検致します。

こちらが、リアブレーキの内部写真です。

 

ダイハツムーブリヤブレーキ

 

ブレーキペダルを踏むと、ホイールシリンダー内部にブレーキオイルの油圧が発生し、前進用と後退用のブレーキライニングが外に拡がります。

ブレーキライニングが外に拡がる事により摩擦が発生して、ブレーキが効くという構造になっています。

これが、ドラムブレーキと言われるものです。

 

「キー」と音がする主な原因は、

  • グリス切れ(潤滑剤切れ)
  • 面取りをしていない(角が立っている状態)
  • ブレーキパット・ライニングの残量不足

が大半の原因です。

 

まずはブレーキの各部品を分解し、動作チェックです。

各部品は問題なさそうです。

 

その後、パーツクリーナーで綺麗に洗浄します。

更に異常がないか確認し、シリコン系のグリスで〇の部分をグリスアップしました。(下記写真を参照)

 

ダイハツムーブリヤブレーキ

 

ここは部品と部品が干渉する部分ですので、特に念入りにグリスを塗ります。

ブレーキライニングの残量は問題ありませんでしたが、少なくなっていたので新品部品を面取りして取付けました。

 

取付け完了後、早速試乗開始です。

エンジンをかけギアをバックに入れて、ゆっくりスタートし、後ろに下がってブレーキを踏み込みます。

異音も無くなり、無事に問題解決したようです。

 

 

まとめ

何度かテストを繰り返して音が出ていない事を確認して、お客様にお引き渡しいたしました。

これで、当分は安心して、乗って頂けます。

皆さんも、ブレーキにはくれぐれもご注意を!

 

ブレーキを踏むと異音がする場合は、部品と部品が干渉する部分のグリス切れ(潤滑剤切れ)が疑われます。

この場合は、グリスアップすれば解消されます。

しかし部品の消耗で異音がする場合は、部品交換や面取り・グリスアップが必要になります。

 

ブレーキはどんなに異常がないと思っていても、実際に分解点検してみないと分からない事が良くあります。

分解点検して初めて、不具合が見つかると言うことだってあるのです。

 

ブレーキは、お車の装置で最も重要な装置です。

1年に1度、定期点検をお勧め致します。

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

車検のご予約のお問合せは、お気軽にお電話下さい。

車検の予約はこちらから受付時間/9:00~19:00(水曜日・第2日曜日除く)※フリーダイヤルの通話料は発生しません。携帯電話からもOKです。
上記のフリーダイヤルは車検予約専用です、車検以外のお問い合わせは093-631-1104までお問い合わせ下さい。

-ダイハツムーブ ブレーキ 異音
-, , ,