ブレーキ 警告灯 点灯

ブレーキの警告灯点灯

2016/01/05

みなさん、おはようございます。

北九州市八幡西区車検専門店ヤハタ自販株式会社です。

今日は、ブレーキ警告灯?それともサイドブレーキ?』ご紹介します。

 

今回のブレーキの警告灯やエンジンの警告灯の他にも、いくつかの警告灯があります。

どれも警告灯を点灯・点滅させ、運転者に注意やお車の持ち込みを知らせています。

 

お客様から

『サイドブレーキを解除しても、マークが点いたままになる』

とお問い合わせを頂きました。

 

お車はH8年式スズキワゴンRです。

 スズキワゴンR

それでは実例を基に、ブレーキの警告灯についてご紹介します。

♦ブレーキの警告灯の症状

♦ブレーキ警告灯の点検・作業

♦ブレーキ警告灯が点灯した時の注意点

 

♦ブレーキの警告灯の症状

ブレーキの警告灯は、こちらのマークです。

ブレーキ警告灯

遠くて見えにくいですね。

サイドブレーキを引いた時に出るマークです。

こちらの写真はすでにサイドブレーキは解除しており、走行中もこのマークが常に点灯していたそうです。

それ以外は特に異常は、特に感じられなかったとの事です。

♦ブレーキ警告灯の点検

ブレーキの警告灯が点灯した場合、ブレーキ関係の異常が考えられます。

まず一番簡単なブレーキオイルの点検です。

ブレーキオイル点検

早速、ブレーキの警告灯が点灯した理由が分かりました。

ブレーキオイルの油面が下がりすぎて、警告灯が点灯していました。

本来だとブレーキオイルが矢印の所まで減る事はないので、次はブレーキオイルが減った原因を点検します。

ブレーキオイルの漏れを点検していると、

ホイールシリンダ漏れ

リヤブレーキのホイールシリンダに、サビとブレーキオイル漏れが確認できました。

ブレーキオイルが減って警告灯が点いた原因は、ホイールシリンダからのブレーキオイル漏れが原因でした。

 

お客様と相談して、ホイールシリンダを交換する事になりました。

早速ブレーキライニングを外して、

ライニング取り外し

ホイールシリンダを取り外します。

ホイールシリンダ取り外し

どちらが新品かは、すぐに分かりますね。

 

新品に交換して、ブレーキを組み付けます。

リヤブレーキ組み付け

ブレーキオイルのエア抜きをして、

ブレーキオイルエア抜き

ブレーキテスターで引きずっていないか、制動力を確認して完成です。

ブレーキテスターで確認

 

♦ブレーキ警告灯が点灯した時の注意点

無事にブレーキオイルの漏れと警告灯の修理が終わりました。

警告灯が点いたのでご入庫頂きましたが、放っておくとブレーキが効かない状態になっていました。

 

これはブレーキの警告灯だけではなく、他の警告灯が点いた場合も危険です。

警告灯が点灯した場合は無理に走行せず、整備工場に連絡・入庫をされて下さい。

 

また、ホイールシリンダのサビは、年式の古いお車や長い間動かしていないお車によくある症状です。

たまにしか乗らない等で点検をされていない方は、特にご注意下さい。

 

まずは、定期的な点検をお勧め致します。

ありがとうございました。

車検予約専用ダイヤル

-ブレーキ 警告灯 点灯
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,