ダイハツ ムーブ オイル漏れ

ダイハツムーブのオイル漏れ

 

おはようございます。

北九州市八幡西区の車検専門店ヤハタ自販株式会社です。

 

今日ご紹介するテーマはダイハツムーブオイル漏れです。

お車は、H11年式ダイハツムーブです。

ダイハツムーブ

 

実際にお預かりしたダイハツムーブではないですが、写真を撮り忘れたので色違いのダイハツムーブを載せています。

 

ダイハツムーブのオイル漏れの状態

ダイハツムーブのオイル漏れは、12ヶ月点検中に見つけました。

エンジンのオイルパンが、エンジンオイルで汚れていました。

オイルパン汚れ

 

分かりやすい様にドレンボルト付近は、パーツクリーナーで清掃しています。

エンジンのオイルパンも怪しいのですが、ダイハツムーブは他にもよくエンジンオイルが漏れる場所があります。

ですので、そちらも確認する事にしました。

 

ダイハツムーブのオイル漏れの場所

ダイハツムーブでよくオイル漏れする場所は、オイルエレメントのステーです。

年式が古くなると、オイルエレメントのステーのゴムのOリングが硬化・劣化してオイル漏れを引き起こします。

では、今回のダイハツムーブのオイル漏れの場所をご説明します。

 

まずはグリルとフロントバンパーを取り外します。

グリル取り外し

 

バンパー取り外し

 

グリル、バンパーを取り外すと、こんな感じです。

オイルエレメント位置

 

ダイハツムーブのオイルエレメントは、エキゾーストマニホールド付近に付いています。

そしてオイル漏れする場所が、こちらです。

オイル漏れ箇所

 

オイルエレメント奥のひし形っぽいステーからよくオイル漏れします。

今回もこのステーのOリングから漏れていました。

写真は、清掃してした後なのでそんなに汚れていません。

 

ダイハツムーブのオイル漏れ修理

ダイハツムーブのオイル漏れの原因であるステーのOリングを交換するには、まずオイルエレメントを取り外します。

オイルエレメント取り外し

 

次にエキゾーストマニホールドの遮熱板のボルトを外し、遮熱板をずらします。

遮熱板取り外し

 

そしてステーを取り外します。

ステー取り外し

 

こちらも清掃してきれいになっていますが、実際には汚れています。

そして原因のOリングがこちらです。

Oリング取り外し

 

取り外したOリングは、以外にも硬化はしていませんでした。

以前ブログでご紹介したダイハツムーブのOリングは、硬化してポキポキ折れました。

以前ご紹介したダイハツムーブの硬化したOリングは、こちらをクリック

 

ステーを取り外したら、取り付ける前にステーとエンジン側をきれいに清掃します。

取り付け後に確認しますので、清掃も大事ですね。

エンジン清掃

 

ステー清掃

 

では、新品のOリングに交換します。

Oリング交換

 

ステーを取り付けます。

ステー取り付け

 

新品のオイルエレメントを取り付けます。

オイルエレメント取り付け

 

あとは元通りバンパーやグリルを組み付けます。

バンパー取り付け

 

グリル取り付け

 

最後に、エンジンオイルを入れて完成です。

エンジンオイル交換

 

まとめ

今回はダイハツムーブのオイル漏れで、オイルエレメントのステーのOリングを交換しました。

以前もH14年式のムーブで同様のオイル漏れで、ステーのOリングを交換しました。

ダイハツムーブでH11年~H14年位のお車では、よくある症状ですので注意が必要ですね。

 

以前のダイハツムーブも今回のダイハツムーブも、エンジンオイルの量が少なくなっていました。

漏れの量にもよりますが、エンジンオイル漏れを放置するとエンジンが焼きついて、高額の修理や代替に繋がります。

点検などでオイル漏れが見つかった場合は、症状がひどくなる前に早めの対策をお勧め致します。

ありがとうございました。

車検予約専用ダイヤル

上記のフリーダイヤルは車検予約専用です、車検以外のお問い合わせは093-631-1104までお問い合わせ下さい。

-ダイハツ ムーブ オイル漏れ
-, ,