車 エアコン 風が出ない

今年も車のエアコンの風が出ないトラブル発生です!

2018/07/13

おはようございます。

北九州市八幡西区の車検専門店ヤハタ自販株式会社です。

 

うだるような暑さが続いていますね。

水分・塩分をとって、体調にお気をつけ下さい。

 

さて今日ご紹介するテーマは『今年もエアコン風が出ないトラブル発生です!』です。

毎年必ずと言って良い程シーズンに入ると問い合わせがあるトラブルのひとつです。

これだけ暑いとエアコンなしではたまりませんよね。

 

お車はH24年式日産セレナです。

 

日産セレナの症状

 

日産セレナのエアコンの症状は、タイトルにも書いている様にお車のエアコンの風が全く出ないという症状です。

 

エアコン風が出ない

 

こちらのセレナにはリヤエアコンも装備されていますので、そちらも確認しましたがリヤエアコンは正常に作動していました。

 

リヤエアコン正常

 

リヤエアコンは正常ですが、フロントエアコンの風が出ない状態です。

 

日産セレナのエアコン点検

 

では日産セレナのエアコンの点検を行います。

最初にエアコン関係の故障コードが残っていないか診断機で確認します。

 

診断結果

 

異常なしですね。

そうすると日産セレナのエアコンの風が出ないのは、エアコンのスイッチか配線かブロアモーター辺りが怪しいです。

 

次はエアコンの風を送るブロアモーターの点検です。

送風機の役割をしているブロアモーターはグローブボックスの裏に付いています。(ブロアモーターはフロント側・リヤ側と2つ付いています。)

 

ブロア位置

 

覗き込むとブロアモーターが見えます。

 

ブロアモーター

 

先にヒューズを確認します。

ヒューズは切れていませんでした。

 

ヒューズボックス

 

ブロアモーターについているカプラーを切り離して、電源電圧がブロアモーターまで来ているかテスターで点検します。

 

ブロア電源電圧点検

 

12.34Vと問題なしです。

ブロアモーターの直前まで電気は来ているので、ブロアモーターの不良でほぼ決まりです。

他にもいくつか確認事項がありますが、ブロアモーターの不良で間違いありませんでした。

 

日産セレナのブロアモーター取替

 

日産セレナのエアコンの風が出ない原因が分かりましたので、部品を交換します。

交換するブロアモーターの新品はこちら。

 

新品ブロアモーター

 

今回は手に持っているレジスタも一緒に交換します。

まずブロアモーターを取り外します。

 

ブロア取り外し

 

新品のブロアモーターを取り付けます。

 

ブロア取り付け

 

レジスタも交換します。

レジスタはブロアモーターのすぐ下に付いていますので、こちらも取り外します。

 

レジスタ位置

 

レジスタ取り外し

 

取り外したら新品のレジスタを取り付けます。

 

レジスタ取り付け

 

カプラーを取り付けて、グローブボックスを組み付けたら完成です。

 

グローブボックス取り付け

 

まとめ

 

今回は日産セレナのエアコンの風が出ないとの事で、エアコンのブロアモーターとレジスタを交換しました。

ブロアモーターとレジスタを交換してからは、エアコンの風も出る様になり車内も涼しくなる様になりました。

 

エアコンOK

 

お客様も『暑くなってきたので助かった』と喜んでいたのでよかったです。

 

暑くなってきて久しぶりにエアコンを使うと、エアコンのトラブルが多くなります。

これから多くなってくるとは思いますが、トラブルの際はお問い合わせ下さい。

ありがとうございました。

 

車検予約専用ダイヤル

上記のフリーダイヤルは車検予約専用です、車検以外のお問い合わせは093-631-1104までお問い合わせ下さい。

-車 エアコン 風が出ない
-, ,